不動産物件を購入する際にかかる税金をしっておこう

立地や築年数

マンション

マンション査定に影響するのが立地や築年数、部屋の広さや日当たりなどです。また徹底的に掃除がしてある清潔な部屋は査定額があがる傾向があります。その他に重要なのが不動産会社選びです。会社の持つ顧客層にぴったりのマンションがあれば、早く売ることができるので他のところより高値をつけてくれます。

More...

土地登記に関するプロとは

メンズ

東京の土地家屋調査士は土地と建物の面積を正確に測量して書類を作成する仕事をしています。土地と建物の購入したとき、建物を壊したとき、土地の分割など土地や建物に変更があった場合などは書類を作成し法務省に申請する必要があります。土地家屋調査士はこれらの仕事を行いトラブルを防止する役割もしています。

More...

宅地建物取得にかかる税

ウーマン

何に対して課税されるのか

土地や建物といった不動産を購入するためにかかる税金について調べるためには、まず不動産購入時にどのような手続きが必要となるかを理解する必要があります。不動産は他の商品と比べ、非常に額が大きいという意味で特殊です。そのため、不動産取引にさいしては契約書を作成したり、各種登記を行なったりしますが、それぞれに対して税金がかかります。各種契約書に対しては印紙税という税金が課せられます。印紙税は契約書に記載された金額を基準に課税される国税で、たとえば記載金額が500万円超、1,000万円以下であれば5,000円といったふうに税金が決まります。また登記をする場合にも登録免許税という国税が課せられます。登録免許税の税率は、登記原因によって異なっていて、不動産購入の場合は売買による所有権移転のための登記となるため、税率は基本2パーセントです。つまり、不動産の購入価格が1,000万円の場合、所有権移転登記の登録免許税は20万円となります。そしてもちろん、不動産購入そのものに対しても税金は課せられます。これを不動産取得税と言い、標準税率は原則として4パーセントですが、平成30年3月31日までは特例として、土地や住宅については3パーセントとなります。そして課税標準については、じっさいの取引価格ではなく、各都道府県が管理している固定資産課税台帳に登録された価格となります。つまり、不動産取得税は地方税として課せられます。

不動産会社の探し方

つみき

さいたま市で不動産物件を探しているのであれば、まずは不動産会社選びから始めていかないといけません。そうすることで、ネットなどでは手に入れることができるのです。競合する相手も少ないので安心して購入することができます。

More...

To Top