不動産物件を購入する際にかかる税金をしっておこう

立地や築年数

マンション

不動産会社選びも大切

マンション査定の基準となるのは築年数や立地、部屋の大きさなどです。築年数が新しいものは購入したい人が多い為それだけ査定額も高くなります。また立地はとても大切です。駅が近い場所や買い物や通勤通学に便利な場所だと、中古マンションでも高く売れます。昔建てられたマンションは便利な場所に建てられているところが多いので、古くても高値がつきやすいのです。また建物の構造や日当たりも査定に影響します。不動産会社やネットでのマンション査定では、こういった点に注目して査定額を出します。築年数や構造、立地などは自分ではどうすることもできません。では査定額以上の値段で売ることはできないかというと、工夫次第ではマンション査定で出た金額よりも高値で売ることができます。それは部屋を徹底的に掃除しておくことと、購入したいと思わせるようなインテリアにしておくことです。中古マンションを購入する場合、リフォームしてから住むという人も少なくありません。その為設備などが古くなっていても良いのではないかと考える人もいますが、きれいに掃除してあるのとないのでは人に与える印象が全く違います。中にはわざわざ専門の業者に掃除を依頼する人もいるほどです。また売りたいマンションにあった販売網を持っている不動産会社にマンション査定をしてもらうと、高値で売ることができます。不動産会社はそれぞれ違う顧客層を持っているので、購入希望者が多い間取りのマンションには高値をつけてくれます。マンション価格の一括査定ができるサイトなどを利用すると、売りたいマンションにぴったりの不動産会社を見つけられます。

To Top