不動産物件を購入する際にかかる税金をしっておこう

土地登記に関するプロとは

メンズ

依頼するメリット

土地家屋調査士は聞きなれない名前ですが、これから土地や家を購入する方には深い関係がある職業です。東京で土地を購入して家を新築した時は建物表題登記が必要になります。建物表題登記とは土地家屋調査士が土地と建物の正確な広さを測量して記録し書類を作成したものです。この建物表題登記を法務省に申請すれば登記建物受領証が発行され、購入した土地と建物の正確な面積を残すことができます。購入した土地や建物は、大切な自分の財産ですからきちんとした証明書を作成しておくことは非常に大切なことです。一般の方には測量や書類の作成は出来ないですからプロである東京の土地家屋調査士に依頼して申請を行うことになります。自分が所有している土地と隣家の境界があいまいでわかりにくい状態になっているときは東京の土地家屋調査士に依頼すれば境界標を作って埋め込むことができます。自分の土地の面積が不明な場合は東京の土地家屋調査士に測量してもらい正確な面積を書類に記すことができます。相続や贈与、売買などの理由から自分の所有する土地を2分割以上に分けるときは土地家屋調査士に依頼して正確に測量して貰い分割することができます。あいまいな分割はトラブルのもとになりますから、正確に測量して書類を作成しておけばトラブルを未然に防ぐことができます。自分が所有する農地を宅地にして売買するとき、建物を増築するときも土地家屋調査士に依頼して書類を変更して貰う必要があります。このような土地と建物の面積に関わることはトラブルを防止するためにも東京の土地家屋調査士に依頼して書類を作成しておくようにしましょう。

To Top